トップページ > 部門案内 > 看護部(概要)

部門案内

看護局

患者さま一人ひとりの個性を尊重し、自分自身が
受けたい看護サービスを提供します。

科学的根拠に基づいた看護を行います。

熊本総合病院の看護職員としての品性を高め、
真心で看護を行います。

看護の質の向上を目指し、看護職員の育成に
努力します。

●チームワークを重視し協調性を持って仕事ができる人
●向上心を持って自己啓発ができる人
●変化が求められる医療業界において柔軟な考えを
 持って対応できる人
●困難なこと、新しいことにも前向きに立ち向かう
 ことができる人

●緩和ケアチーム
●摂食嚥下チーム
●栄養サポートチーム
●褥瘡ケアチーム
●感染対策チーム
●認知症ケアチーム

安全・安楽に抗がん剤治療が行われ、患者様・ご家族が安心して治療に取り組めるよう常に寄り添う看護を心掛けています。
また、がん化学療法を取り扱う病棟・外来スタッフが共通認識を図るためスタッフ教育にも関わり、質の高い看護の提供を目指しています。
がん患者様がもつ痛みやつらい症状を緩和できるように専門的な視点から支援させていただきます。
また、緩和ケアチームの一員として医師や薬剤師など他職種と協働して患者様のつらい症状が和らぐように努めています。

170913_認定看護師
脳卒中は突然発症し、さまざまな機能の障害を併発し、患者様やご家族に大きな影響を及ぼします。
発症後より退院後を見据え、患者様やご家族の希望に沿うことができるように看護を実践していきます。

心不全はあらゆる心臓疾患に由来して発症することで知られていますが、高血圧・糖尿病・脂質異常といった生活習慣病の進行形でもあります。
入院中より患者さまの退院後の生活を見据え、より実践可能な生活調整を行っています。

糖尿病は生涯にわたって生活調整を必要とする疾患です。
日常生活の中で、糖尿病とうまく付き合っていくための方略を、患者さま、家族さまと共に考え具体的な実践に繋がるような支援をさせて頂きます。
170512_看護局_p-1
近年、新型インフルエンザや耐性菌の出現など、様々な感染症が問題となる中、患者さまや家族はもちろん、病院で働く全ての人を医療関連感染から守ることが感染管理認定看護師の役割です。
感染対策は1つの職種だけではできません。医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務職員等がチーム(ICT)を組み、感染の予防及び拡大防止のための活動を行いながら、患者さまが安心して治療や療養に専念できるように取り組んでいます。(筆者:写真右下)

救急看護認定看護師は救急場面において確実な救命技術を持ち救命に当たるとともに、患者・家族の不安や苦痛を和らげる役割があります。
緊急度の高い疾患ばかりでなく、その後の社会復帰を目指した看護の提供ができるように実践していきたいと思います。